企業の薬剤師の仕事内容と転職に関する注意

薬剤師の転職先として人気が高まっている企業

薬剤師転職応援サイト外資系・グローバルの薬剤師 転職・求人情報

薬剤師転職先として非常に人気が高まっているのが企業の仕事です。
これまで非常に人気の高かった調剤薬局の仕事が煩雑になり人間関係が複雑になる傾向がある中、企業の仕事はスキルを十分に生かすことができる可能性が高いとして非常に注目されているのです。
しかし、その仕事内容は様々であり、十分な確認を行わないと失敗することも少なくありません。
薬剤師が勤務する職場として代表的なものが調剤薬局です。
その他にも病院勤務やドラッグストアなどがありますが病院は医師や看護師などと同様に夜勤や宿直があり勤務が不規則になりがちな事、またドラッグストアは一般の商品の販売も同時に行わなければならず営業時間が夜遅いことが多いため勤務時間が長いという事から敬遠されがちな職場でした。
その点調剤薬局は病院が外来対応をしている平日日中のみの営業であり勤務時間が規則的な事、また作業内容も調剤が主であり非常に単調なことから働きやすい職場とされていました。
しかし、医薬分業の推進や診療報酬制度の改正などにより調剤薬局の競争が激しくなり勤務時間が長時間になりがちな傾向になる事や仕事内容が複雑になっていることから職場内の雰囲気が従来に比べ緊張感が高まり、ばあいによっては悪化しているところも増えています。
その為、転職を希望する人が増えているのです。

薬剤師の転職先として人気が高まっている企業企業薬剤師の役割企業に転職する際は・・・